水素吸入とアンチエイジング!

水素吸入でアンチエイジング

水素水は運動時に合わせて摂取するのがおすすめ!

水素水は運動時に合わせて摂取するのがおすすめ! 水素水は薬ではないため、基本的に飲みたい時に飲んで構いません。
しかし効果的に飲もうと考えるなら、運動後が適しています。
運動した後は吸収される酸素も増加し、それに伴って大量の活性酸素が発生します。
そのため運動後の水素水は、水分補給になるだけでなく、活性酸素の除去にも役立ちます。
その他、活性酸素が多くなる前に飲んでも効果的です。
従って日常生活の中では、活動前の朝と活動後の夕方も、飲むタイミングとして良いです。
1回に飲む量は、200ml程度が推奨されます。
しかしそれほど神経質になる必要はなく、180mlから250mlの間で飲めば効果が得られます。
ただし、1、2週間でやめてしまうより、4週間は続けた方が効果を実感できます。
注意点として、水素は蒸発して空気中に逃げやすいため、開封後は速やかに飲む必要があります。
ボトル缶タイプやペットボトルタイプの他に、密封性に優れたアルミパウチタイプも市販されています。

水素水の水素溶存方法とは?

水素水の水素溶存方法とは? 水素水の溶存方法ですが、普通に溶け込ませただけではかなり濃度が低いものになってしまいます。
通常の気圧、温度では非常に水に溶けにくく、最大でもわずか1.6ppm程度の濃度でしかありません。
ちなみにppmというのは百万分の一を示します。
%が百分の一ですから、さらにその一万分の一になります。
より具体的にいうと、水1リットルは1キログラムです。
1キログラムの百分の一は10グラムですから、水1リットルに対して10グラム溶けている場合が濃度1%です。
そのさらに一万分の一ですから、実にわずか1ミリグラムとなり、水1リットルに対して1ミリグラム溶けている場合が1ppmとなります。
水素というのは通常の環境下では水1リットルに対して1.6ミリグラム程度しか溶けず、それ以上溶かし込もうとしても泡になって抜けてしまいます。
ただしこれはあくまでも通常の環境下です。
炭酸水と同じように加圧すればより多くを溶かし込めます。
実際、通常の数倍、例えば7ppmなどという製品もあります。

Copyright © 2017 水素吸入とアンチエイジング! All Rights Reserved.