水素吸入とアンチエイジング!

水素の安全性について

水素の安全性について

水素の安全性について 水素は日本では「水の素」と書かれますが、フランスで最初に命名された時には水をつくりだす性質から「水を生むもの」と呼ばれ、世界に広まった歴史を持ちます。
人体への影響は無害で安全性の高い物質です。
逆に人体に良い働きをしてくれると言えます。
人体は活性酸素でサビていくと言われています。
サビるということは、老化をしていくということです。
老化をするということは体の組織が弱り病気をまねくことになります。
そこで活性酸素を無害化してくれるものが水素です。
水素が体内に入ると悪性の活性酸素と結びつき無害化してくれます。
活性酸素と結びついた水素は水となって体外へ排出されます。
このように人体にとってなくてはならないものなのです。
また、拡散性が高い性質をもっているため体内に入ると身体の隅々まで行き届きます。
とても小さな物質なので、小さな隙間も通れ全身に運ばれます。
安全性も高く、健康のためにも積極的に摂取すべき物質です。

水道水からも水素水が作れるってホント?

水道水からも水素水が作れるってホント? 自分で簡単に水素水を作ることができれば、飲みたいと思った時にいつでも自由に飲むことができますし、市販のものを購入し続ける場合よりも安いコストで飲み続けることができるでしょう。
では、水道水から水素水を作ることはできるのでしょうか。
結論を言えば、簡単に作ることができます。
水道水から水素水を作る一つの方法は、マグネシウムスティックを使用するものです。
例えば、マグネシウムを含んだスティックタイプのセラミックスを購入し、それを水道の水と一緒にペットボトルなどの容器の中に入れておくという方法です。
これは、化学反応を利用する方法と言えるでしょう。
もう一つの方法は、水素水サーバーを利用する方法です。
やはり水道水を使って作ることができます。
この場合、電気分解を起こして発生させるという方法となります。
この方法で作る場合、化合物が残ることがなく、不純物が含まれていない水を作ることができるというメリットがあります。

Copyright © 2017 水素吸入とアンチエイジング! All Rights Reserved.